CHECK

一度は暮らしてみたい木の良さを体感できる住まい!木の家に住むなら必見の基礎知識を紹介

こちらのサイトは、注文住宅の家を建てるとき天然素材にこだわった家づくりがしたい、一度はこんな家に住んでみたい人に向けた基礎知識をご紹介しています。天然素材の家、これは木の家ともいわれることがありますが健康に良いなどの理由から注目を集めています。ここでは日本の気候や風土に適していることや、鉄骨造よりも軽量だけれども地震にも強いなど特徴的な部分についての解説も行っているので、現在家づくりを検討されている人など参考にされることをおすすめします。

一度は暮らしてみたい木の良さを体感できる住まい!木の家に住むなら必見の基礎知識を紹介

木の温もりを感じさせてくれる、天然木材の香りが漂う家づくりができるこれは木の家だからできる魅力です。
なかなか、天然木の家を体感することはできない、このように考える人も多いけれども日本には木の家にこだわりを持つ工務店やハウスメーカーが多くあるので、このような施工会社のモデルハウスなどの見学を行うことで木の家体験ができますし、実際に見学して気に入ったときなどはその会社に設計から施工まで依頼することも可能です。

自然素材ならではの温もりを感じる木の家

現在ではシックハウス症候群の問題や、アレルギーの問題だけではなく、地球環境にも優しい自然素材を活用した木の家が人気があります。
木の家の場合は特に屋内側には無垢材を多用することが基本とされ、木の色を明るめにすることで温もりを感じられる住宅にすることができます。
床材は無垢材のフローリングに仕上げ、壁面にも無垢材を張り合わせる方法、天井は敢えて作らずに梁の見える開放感抜群の室内にする方法も効果的です。
木の家を建てる際には、実際には木材を多用する方法だけではなく、同じように自然素材の漆喰を採用する施工法もあります。
例えば内壁に石膏ボードを固定した上に漆喰で塗り広げる施工があり、平坦ではなく敢えて模様を付けるように仕上げる方法であれば無機質なイメージを感じずに温もりを感じ取ることが可能になります。
デザイン次第ではお洒落な飲食店風やカフェ風に仕上げることもでき、ゆったりとした時間を家族全員で過ごすには最適な空間作りを行えます。

木の家なら柱や床の傷も経年劣化の味として楽しめる

木の家で使用されている建材は天然の木材が使用されており、経年劣化が発生することで色彩が変化していきます。
加工は透明感のあるニスを塗布して艶を出すなど最小限に留めて、年輪や節など木の模様が見えるようにするのがおすすめです。
長年にわたって使用し続けることでやがて柱や床には傷が付くことがあり、他の素材であれば修繕を考えてしまうところですが、木の家ならばそれも経年劣化の味として楽しめます。
柱や床の傷はそこで家族が暮らしていたことを表わす証となるだけではなく、その生活を受け止めてくれた木材の姿を見ることができます。
数々の思い出が味となって現れることで、ここで体験した様々な出来事が思い起こされる瞬間があります。
大自然の恵みである木材と、それを見事に加工した職人の技術に感謝しつつ、温もりのある暮らしが存在しています。
この感覚を一度覚えると他の素材では物足りなく感じることも多く、暮らすなら木の家と考える方が増えています。

心をリラックスさせてくれる木の家の香り

人はニオイに敏感で、不快感を覚えたり逆にリラックスできたりと、ニオイの影響を受けやすいといえるのではないでしょうか。
中でも住宅は特にニオイの影響が無視できない場所で、化学物質が発生しやすい比較的新しい家だと、落ち着かないどころかイライラする恐れがあります。
一方、木の家はそれ自体がリラックスできる香りを発するので、拘りの木材で造られている住宅はそこにいるだけで心が落ち着きます。
木の家はまさに何かとストレスを感じる現代人の心を守ってくれるオアシスで、心を穏やかに保てるお城のようなものだといえます。
木の家に拘って住宅を建てる人が少なくないのは、純粋に香りを楽しみたいという考えの人もいる一方で、やはり知らず知らずのうちにストレスを感じている人も多いと思われます。
玄関に入るだけで空気感、雰囲気が変わる木の家は心のオアシスそのものですし、家族やペットにとっても安心できる場所となるのではないでしょうか。

木の家はリサイクル可能で環境にも優しい

今の時代、環境に配慮した物づくりをしていくことは非常に大切なため、当然のように家づくりに関してもリサイクルを意識した住宅がかなりの人気を集めています。
また、その代表的な存在となるのが後でリサイクル可能な木の家になってくるので、注文住宅を依頼する際にはぜひ木の家を候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。
そして、どのようなメリットがあるのかと言うと、木造住宅を解体した際には不要になったボードや紙などが出ることになります。
普通ならそれをゴミとして出してしまうことが多いのですが、木の家の場合だとまた再度繰り返して使うことができるため、無駄なゴミを排出せずに環境に優しい循環が行えるようになるのです。
このように、住みやすい家を作り上げることができる大きなメリットだけではなく、環境に配慮した木材を使用して全てに優しい家づくりを可能にしていくことができるため、少しでも興味があるのであればぜひ注文を依頼する際に候補にしてみることをおすすめします。

シックハウス症候群のリスクを軽減する木の家でえ健康的な生活

せっかく新築で住宅を建てたのにもかかわらず、生活を始めてから、シックハウス症候群で辛い思いをする人が非常に多く見られます。
その症状は頭痛やめまい、倦怠感など様々ですが、様々な症状が現れます。
その原因にあげられるものが、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどの化学物質と言えるのです。
天然の木はこのような化学物質を含んでいないので、天然の木の無垢材を使って家を建てることにより、健康面で不安になる事を軽減することができます。
木の家はシックハウス症候群になりにくいと言われていますが、これは間違いではありませんが、木の家であれば何でも良いと言うわけでは無いのです。
薄い木の板をありあわせで作ったものであり、そこには接着剤が使われているのです。
この接着剤に含まれている化学物質等が原因になることもあるのでただ、対策として充分ではないことがわかるでしょう。
木の家の中でも、無垢材を使うことが重要と言えるでしょう。

冬こそ実感できる木の家ならではの調湿性能

木の家は、コンクリートなどに比べて非常に断熱性が高く調湿性があるので、夏場の暑い時だけではなく、冬の寒くて乾燥する時期にこそ木の家の良さが実感できます。
一般的に、住まいの心地よさには湿度がとても重要なポイントとなります。
季節にもよりますが、快適な湿度は40%から60%です。
湿気がこもるとジメジメして気持ちが悪いだけはなく、カビやダニなどアレルギーの原因にもなるので、家にも体にも良くありません。
反対に40%以下になると乾燥して風邪などのウィルスが活発化して広がります。
また、湿度によって体感温度も変わります。
同じ温度であっても湿度が上がると暖かく感じる傾向にあるので、冬は加湿することでより快適に過ごすことが出来るのです。
この点、木は呼吸すると言われており、室内の調湿性能に非常に優れています。
この調湿性は木が切られて木材になってからも継続するので、木の家は夏のみならず冬もとても住みやすい家だと言えるでしょう。

木の家の素材は同じ木材でも表情は違う

住む人の健康を守り、高い耐久性で長くすみ続けることができるとして自然素材を使用した木の家が注目されています。
住宅に使用される木材には、ヒノキやスギ、チークやウォルナットなど様々な種類がありますが、それぞれの木材によって色や木目、強度や耐久性は異なるため、自宅の柱や壁、床など部分によって適した素材を選ぶことで、木の家の表情が変化したり耐久性も向上します。
一般的に住宅に使用される自然素材の一つにスギやヒノキが挙げられ、どちらの素材も高い強度や耐久性を持っています。
ヒノキは土台や柱などの構造用部材として用いられることが多く、耐湿や耐水性が高いのでシロアリの腐食に強く、色味は淡い紅色や黄褐色、浅黄白色をしています。
スギは柔らかな樹種で強度はヒノキより劣るものの、少し太い材を取り入れれば十分な耐久性を持っており湿気やシロアリに強く価格も安めなので室内の梁などに用いることでコストダウンや、和風の雰囲気を引き出すことができる特徴を持ちます。

シロアリの被害を防ぐために木の家でできる対策

シロアリは湿気の多い木材を食い荒らす問題があり、早期発見によって駆除と修復は行えますが、注文住宅でこれから木の家を建てる計画を持つ方は、特に注意しながら十分な対策を施してもらうことで完成後も長く安心できる住宅に仕上げることができます。
基礎部分から連結させる柱や梁に使う木材には、表面に防腐剤を塗っていることが前提にありますが、長期的な視野では不十分になる可能性があるので、そもそもが湿気が溜まらないように十分な断熱材を使う方法も効果はあります。
更に床下の部分の木材に対しては、防腐剤だけではなくアルミやステンレス、樹脂材を使って木材をガードする方法も依頼できます。
木の家の場合は屋内側は上手く調湿することができますが、床下に関しては見えない部分で湿気が溜まる土地の環境であれば、基礎部分に防湿シートを多用することやキッチンなどで採用する床下収納の面積を大きくして床下点検用の経路を作り出す方法も後に役立つのではないでしょうか。

小さな子どものいる家庭に木の家は向いている?

小さな子どもを持つ親であれば、自分の子には元気に健やかに育って欲しいと願うでしょう。
そのうえで、一番長い時間を過ごすであろう家を、快適に過ごせるようにすることがとても大切です。
では、どのような素材の家が子の成長に好ましいのでしょうか。
大人もそうですが、やはり快適に過ごすためには体に負担をかけないことが重要です。
この点、自然素材である木の家は、調湿性や断熱性に優れているため、カビなどのアレルギーの原因を防げます。
また、化学合成建材と違い有害な化学物質によるシックハウス症候群も防ぐことが出来ます。
他にも、杉や檜などの種類によっても異なりますが、木の家は月日が経つごとに色合いが変わり、味のあるたたずまいになります。
コンクリートなどでは、この経年変化による美しさはどうしても出すことは出来ません。
木の家には、子どもが生まれた時に家を建て、子の成長とともに家自体も風合いのあるたたずまいに成長するという魅力があります。

木の家は木材が腐る可能性に注意しよう

独特の風合いや質感など、さまざまな魅力を持つ木の家ですが、想定しておきたいリスクのひとつに「腐る」という問題があります。
木材にとって一番の大敵は「湿気」と考えられますが、実はキノコと同じ担子菌類の「腐敗菌」と呼ばれるものが木材を腐らせる要因です。
腐敗菌は木を栄養源として成長する為、分解の過程で木材の強度を奪っていくのです。
この腐朽菌は、バスルームやキッチンなどをはじめ、通気性が悪くて湿気がこもりやすい場所に発生しやすく、床下などもその代表例です。
また、配管などに水漏れがあったり、雨漏りが生じた場所なども湿気がたまっているため、注意が必要でしょう。
これを予防するためには、菌が成長するのを防ぐ専用の薬剤などを使用して、菌の分解を阻害するのが有効的です。
木の家といっても、建物内部の木材のチェックは難しく、素人では腐敗の判断もなかなか難しいものです。
したがって、定期的なメンテナンスと住宅診断などを利用して、プロの目でチェックしてもらうのが得策だと言えるでしょう。

輸入木材の価格が高騰するウッドショックと木の家の関係性

家を建てるときは自然素材をたっぷり使う温かみのある木の家を選びたいという人は多いものです。
木の家では多くの木材を使うことになりますが、最近では輸入木材の価格が高騰するウッドショックが問題になっています。
その理由も、新型コロナの流行やウクライナ問題など実に様々な要素が重なっていることが考えられます。
木材が高くなると、それだけ家の建築価格も高くなるので、想定していたよりも多くの費用が必要になります。
そうなると、住宅ローンの支払いにも影響が出てきます。
さらに、木材の調達が遅れてしまうと、工期の遅れも懸念されるようになります。
海外からの木材の輸入量の減少に伴い、国産木材への需要も高まっています。
とはいえ、急に伐採業者や乾燥機を増やすというわけにもいかず、供給量が需要に追い付いていない状態といわれています。
そして、需要が高まるにつれ国産木材の高騰も懸念されます。
今後も木材の高騰が続くようでは、木材を減らして家を建てるなど、建築の面でも様々な変更が出てくることも予想されます。

日本で木の家を建てるなら国産材がベスト

日本で木の家を建てる時の木材の選択肢は、大きく分けて国産と外国産の2つです。
一見するとどちらも同じように感じられますが、国産材には環境適性の高さというメリットがあります。
日本は春夏秋冬、季節ごとに環境が大きく変わる国です。
地域ごとの違いはありますが、大半が夏は高温多湿、冬は低温乾燥の極端な環境変化が起こります。
国内の木々は環境の変化を経験しながら育っているので、自然と耐性が備わっているのが強みです。
住宅の建材として使用する外国産は、国内に運び込まれてから厳しい環境を経験することになります。
そのため、夏場の高温多湿に耐えきれず、木材が腐ってしまうケースも珍しくありません。
そのほかの違いとして挙げられるのが耐久性です。
厳しい環境で育った国産材は、外部からの衝撃にも強いという特徴があります。
同じ環境下でそれぞれの木材で家を建てた時に、日本の材料を使った木の家の方が寿命が長かったという実験結果もあるほどです。

木の家に住むなら熟知したい木の家

自然素材を活用する木の家がありますが、注文住宅でこれから家を建てる方は事前に熟知しておく内容がいくつかあります。
まずは前提として外壁と屋内の多くの場所に無垢材を利用していることが木の家の特徴になるので、無垢材のフローリングや無垢材の階段、壁材や天井のボードを取り付けずに柱と梁の部分を出していることも特徴的です。
無垢材は新品の頃には綺麗に見えますが、経年劣化によりくすみや汚れが目立ってしまう問題が出てしまうので、お手入れを持続的に行う必要性があります。
例えば外壁材の場合、一部分だけを無垢材にして耐候性の高いステイン剤やニスを塗る方法で長持ちさせられます。
屋内側でも同じようにフローリングや壁に対しても汚れが目立つようであれば研磨を行った上で自然素材のステイン剤、ニスの塗り直しが重要になります。
フローリングに対しては、表面にコーティング剤を使う方法もあり、この場合はお手入れは比較的簡単に済ませられるのではないでしょうか。

一般的な住宅より建築費が高額になりやすい木の家

木の家は、一般的な住宅よりも建築費が高くなりがちなのは、主に無垢材が理由です。
無垢材は、木の家を象徴するもっとも重要な建材ですが、それらは1本の木を原材料にしています。
合板建材のように様々な木材やチップを加工する量産建材とは違ってコストがかかるため、使用割合が増えるほど住宅価格に跳ね返るというわけです。
価格が高くなりがちな木の家は、高い耐久性を誇ります。
伐採されてもすぐには劣化することなく、100年以上も耐久性を維持してから少しずつ劣化していくため、結果的に見ればコスト面においても優れています。
最近では無垢材の使用箇所を厳選することで負担を軽減することが増えてきました。
水気が少なく風通しの良いリビングなどを中心にフローリングだけ、柱だけといったように限定することでコストを軽減できます。
また比較的安価な外国産を用いることも増えており、これらのポイントを抑えておくと木の家の建築費を抑制できます。

木の家に関する情報サイト
木の家の情報サイト

こちらのサイトは、注文住宅の家を建てるとき天然素材にこだわった家づくりがしたい、一度はこんな家に住んでみたい人に向けた基礎知識をご紹介しています。天然素材の家、これは木の家ともいわれることがありますが健康に良いなどの理由から注目を集めています。ここでは日本の気候や風土に適していることや、鉄骨造よりも軽量だけれども地震にも強いなど特徴的な部分についての解説も行っているので、現在家づくりを検討されている人など参考にされることをおすすめします。

Search